スムーズに処理するために|住み着かれると厄介な鳩は対策して寄せ付けないようにするのが一番

住み着かれると厄介な鳩は対策して寄せ付けないようにするのが一番

婦人

スムーズに処理するために

ハチの巣

まず準備しましょう

蜂の巣を見つけてしまったら、まずどんな種類かを見極めましょう。もし、スズメ蜂の巣であったら自分で処理することはとても危険なことですので、すぐに業者に駆除をお願いするようにします。自分で駆除できる蜂の巣の場合にはまず、適切な道具をそろえると、スムーズに処理できるでしょう。まず第一に防護服です。素肌を露出しないこと、黒い服をさけることに留意します。さらに、手袋やゴーグルや帽子、防蜂ネットなども着けると良いでしょう。そしてピレスロイド系の殺虫剤、巣を落とすための長い棒、さらに落とした蜂の巣を入れるためのゴミ袋などを事前に用意しておきます。落とした蜂の巣や蜂は絶対に素手でさわってはいけません。そのことも考慮して周到に準備します。

安全に作業するために

蜂の動きが鈍くなる夕暮れから夜間にかけて蜂の巣駆除の作業をするのがよいでしょう。自分についている整髪料や香水などの匂いはとって作業にあたります。まず、少し離れた場所から巣に向かって殺虫剤をかけます。蜂が巣から飛び出してくるので、ひるまず噴射し続けます。少し時間を置き、巣が落ち着いたら準備していた棒を使って蜂の巣を落としてゴミ袋に入れましょう。このとき蜂の死骸には触れないように用心してください。死骸であっても刺されることがあるからです。もし、蜂の巣を見つけてしまっても、このように周到に準備をして駆除の作業に当たるなら、落ち着いて作業でき、危険を最小減に抑えられることでしょう。また、日頃から家の周りを観察し、蜂が巣を作っていないか調べるなら、巣が小さいうちに駆除できるので比較的安全です。